カテゴリ:料理・つけもの( 26 )

もちつき

お正月の準備で、もちをつきました。
と言っても、餅つき機のお世話になっています。
今年は、昔のもちのし板を復活させました。
およそ畳1枚くらいの大きさがあります。
裏側に昭和二十四年十二月と書いてありました。
d0283216_17561391.jpg

もののない時代、おそらく、価値の高いものだったでしょう。
d0283216_17583937.jpg
d0283216_1759539.jpg
d0283216_17594292.jpg

一晩冷まして、翌日の朝、カットしました。
d0283216_1814445.jpg

親戚の皆さんに少しずつ、お配りします。
d0283216_1834837.jpg

小豆も添えます。
[PR]
by hyogasanso | 2015-12-26 18:05 | 料理・つけもの | Comments(0)

キムチ漬け

久々のブログ更新 になります。
12月も半ばなのに、まだ雪が降りそうにありません。
今日も雨で、気温も高く、スキー場関係者は、心配でしょう。
旅館をやめたからといっても、この地域にいれば、無関係というわけにはいきません。

今年もキムチ作りをしました。
ヤンニョムは、数日前にいつもの仲間でつくりました。
今日は塩漬けした白菜に、ヤンニョムを挟み込んで桶に入れていく作業です。
助っ人を呼んで、二人であれこれ話しながら、楽しくやりました。
d0283216_155475.jpg

d0283216_1556373.jpg

今年は少し甘みが強かったかなと思いますが、酸味がでてくれば、丁度良くなるかもしれません。
期待します。
それにしても、もう少し寒くなってくれないと、キムチも美味しく発酵してくれないと心配しています。
[PR]
by hyogasanso | 2015-12-11 16:03 | 料理・つけもの | Comments(0)

笹団子

この時期、毎年 笹団子とちまきを作ります。
小豆を煮て、笹をゆでて、もち米を洗って、
あとは、座って、ひたすら手作業。
d0283216_17271965.jpg
d0283216_17273641.jpg

笹団子が、笹離れがよくなるように、今回は、包むときに笹にオイルを塗りました。
また、片栗粉をつけてみたりしましたが、オイルの方が効き目ありでした。
親戚に少しずつ送りました。
[PR]
by hyogasanso | 2015-04-27 17:33 | 料理・つけもの | Comments(5)

キムチ漬け

今年もキムチの季節になりました。
仲間数人と一緒にヤンニョムつくりをしました。
材料は 韓国唐辛子の粉2キロ にんにく約1キロ 生姜200グラム 玉ねぎ約2キロ  長ネギ約3キロ
  大根10本くらい 人参10本 りんご5,6個 はちみつ800グラム 砂糖800グラム あみの塩から600グラム いかの塩辛1キロ 魚醤1.5L もち米5合のおかゆ 

まず野菜類をカットして(これが手間です)、おおきな桶の中で材料全部と混ぜ合わせます。
味をみながら、足りないものを足します。
一人では大変なので、協力してやっています。
こうして出来上がったヤンニョムを、塩漬けしておいた白菜にはさんで、漬けこみます。
d0283216_21405163.jpg

4日位したら、食べ始められるかな。
どんな味になるか、ドキドキです。

午後から雪が降ってきました。
いよいよ ホワイトシーズンが始まります。
[PR]
by hyogasanso | 2014-12-05 21:54 | 料理・つけもの | Comments(0)

そば打ちに挑戦

外があまりに暑そうなので、家の中で過ごさなければなりません。
前から気になっていたそば打ちをやってみることにしました。
そば粉とふのりは用意してあったのです。
そば粉についてきた説明書がたよりです。
つなぎのふのりを弱火で煮てとかします。
d0283216_1974916.jpg

さましてから、そば粉400gと強力粉100gと合わせます。
なんとか、丸いたまにこねあげました。
d0283216_19131711.jpg

ここから、薄く延ばすことがむずかしかったです。
道具もそろってない割には、そばらしくカットできました。
d0283216_1915303.jpg

でもゆでてみたら、なんともお粗末な出来上がりでした。
d0283216_1919095.jpg

次回はもう少し上手く延ばしたいと思います。
山のみょうが、まだ小さいですが、そばの薬味にしたら、いい香りでした。
d0283216_19454240.jpg


孫の為にキャラクターのパンを焼いてみました。
d0283216_19234113.jpg


お盆が近いので、くるみを割って準備します。
d0283216_19291582.jpg


台風が近ついているので、心配です。
[PR]
by hyogasanso | 2014-08-07 19:49 | 料理・つけもの | Comments(0)

キムチの仕込み

今年も白菜のキムチを作りました。
まず、前の日に白菜を下漬けしておきます。
四つわりにして、葉の一枚一枚の根元に塩を振っておくのです。
翌日に塩加減をみて、しょっぱすぎたら、水洗いをしてよく水を切ります。
ヤンニョムを作ります。
材料は、韓国唐辛子、魚エキス(ナンプラー可)、あみの塩から、はちみつ、砂糖、
大根、人参、長ネギ、玉ねぎ、にんにく、しょうが、りんご、餅米のおかゆ、生烏賊、
これらを全部混ぜて味をみます。
一番大事なことは、塩加減とのことです。
一人で材料を刻むのは大変なので、仲間数人で共同作業します。
おしゃべりしながら、約3時間でできました。

できあがったヤンニョムを白菜にはさんでいきます。
d0283216_15353721.jpg
d0283216_1537187.jpg

一番外側の葉で株を包むようにまとめます。
d0283216_1539463.jpg

白菜8玉を3つの桶に分けて漬けこみました。
熟成して、酸味が出てきたころ、味見をしたいと思います。
[PR]
by hyogasanso | 2013-11-29 15:42 | 料理・つけもの | Comments(2)

岩手のさんま

毎年のように岩手の親戚がさんまを送ってくださいます。
大型の選ばれしさんまです。鮮度も抜群なので、刺身にもします。
d0283216_8145561.jpg

もちろん塩焼きでもいただきました。
ごちそうさまでした。ありがとうございました。
[PR]
by hyogasanso | 2013-10-14 08:16 | 料理・つけもの | Comments(0)

梅干し

土用に入ったら晴れの日に梅漬けを干すつもりでしたが、
なかなか晴れなくて、ついに土用はあけてしまいました。
私の留守に主人が干してくれました。
d0283216_14143653.jpg
d0283216_14152817.jpg

最終日
d0283216_14164474.jpg

このあと、夜干しをして、桶にかえしてできあがりました。
おちついたら、味をみてみたいと思います。


山の休耕田に植えた野菜の花がさかりになっています。
小豆の花  小さなさやもついていました。
d0283216_1422537.jpg
d0283216_14222760.jpg

なす
d0283216_14235661.jpg
d0283216_14245512.jpg

山の休耕田
d0283216_14255381.jpg
d0283216_1441578.jpg

野生の椿の実
d0283216_14272784.jpg

茗荷 小さいですが、始まりました。
d0283216_14303920.jpg

なますうりも熟したようです。
d0283216_14365675.jpg

山はすでに、秋の気配がしました。

里の畑でネギのさくよせ
d0283216_1433187.jpg

成長にあわせて、土を寄せて、ネギの白い部分を長くします。
最後にトマトの収穫
d0283216_14353259.jpg

ドライフラワーにするための貝細工と千日紅
d0283216_14394743.jpg
d0283216_14401591.jpg

明日のお墓参りにもこの花を持っていくことにします。
[PR]
by hyogasanso | 2013-08-12 14:44 | 料理・つけもの | Comments(3)

きゅうりのキューちゃん漬け

きゅうりの最盛期、食べきれずたまってしまうばかり。
今日は保存できるキューちゃん漬けをすることにしました。
まず 
きゅうり4キロを8ミリくらいにカットして、軽く塩をあわせて、30分くらいおきます。
d0283216_1149459.jpg

醤油5カップ、さとう600グラム、酢1カップ 好みで鷹の爪を煮立てて、
水切りしたきゅうりを入れて、火を止めます。冷めるまでそのままつけておきます。
生姜の千切りを適宜いれるともっとおいしくなります。
d0283216_1213081.jpg

2時間後
d0283216_1221690.jpg

きゅうりだけをすくい、残った汁を再び沸騰させて、もう一度きゅうりを戻し入れ、火を止めます。
d0283216_12224862.jpg

冷めるまでつけておきます。
d0283216_12242155.jpg

これをもう一度繰り返す方法もありますが、味を見たら濃くなっていたので、
今回は2回で止めることにしました。
d0283216_12275659.jpg

できあがり。
大量なので、小分けして冷凍保存します。
[PR]
by hyogasanso | 2013-07-17 12:33 | 料理・つけもの | Comments(2)

梅漬けに紫蘇入れ

畑に生えた赤しそがだいぶ育ってきたので、収穫して梅漬けに入れることにしました。
種を蒔いたわけではなくて、去年落ちた種から自然に生えたものです。
草取りの時に、できるだけ残しておきました。
葉だけを摘み取り、きれいに洗って、水を切ります。
d0283216_12585454.jpg

塩でもみます。
d0283216_12595121.jpg

赤黒い水が出ます。これをよく絞って、
d0283216_1312622.jpg

さらにもう一度塩を振ってもみます。
d0283216_1322367.jpg

2回目のほうが、濃い紫色の汁がでました。
これをしぼったら、今度は、梅を漬けた汁でもみます。
d0283216_1351388.jpg

鮮やかな赤がでてきました。
3回に分けて漬けた梅です。
d0283216_1392532.jpg

大きいサイズのものは一つにまとめることにします。
上に紫蘇をのせて、再び軽い重石をのせ、土用干しをする日を待ちます。
d0283216_1313954.jpg

いい色がついてくれますように。


ドライフラワーにするために育てている 瑠璃玉アザミが咲き始めました!
d0283216_13164635.jpg
d0283216_13172241.jpg

涼しげな姿が好きです。
[PR]
by hyogasanso | 2013-07-16 13:20 | 料理・つけもの | Comments(0)